美しい歯にするには

白く輝く「美しい歯」へ

「美しい歯」で満足
白く輝く「美しい歯」を手に入れる為には、評判の良い審美歯科を探し、最先端の審美歯科医療を受けることが大切です。 なかでもホワイトニングは手軽に、そして比較的安価に白く輝く「美しい歯」を手に入れることが出来ることから、最近人気の治療法として、口コミやランキングなどでも注目されています。

ホワイトニングにはさまざまな種類がありますが、数あるホワイトニングのうち、最も満足度の高いホワイトニングとは一体何なのでしょうか。人気のホワイトニングを、メリット・デメリットを加味しつつランキング形式でご紹介します。
満足度の高いホワイトニングランキング
デュアルホワイトニング
ホワイトニング併用

最もきれいに仕上がり、効果的に歯を白くすることが可能で、
とにかく早くきれいに仕上げたい!という方にはお勧めの方法です。
2種類のいいとこどり、といった治療方法のため、満足度が非常に高いホワイトニングです。

◎メリット

・ オフィスホワイトニングで白くした後、ホームホワイトニングで調節  するので短期間で歯を白くすることが出来る
・ 色が後戻りしにくいので白さが長持ちする
・ 自分の好みの白さまで整えることが出来る

△デメリット

・ ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを併用するので費用  が最も高い
・ 自宅でのケアが必要となる為、多少の手間がかかる

オフィスホワイトニング
クリニック

比較的短時間で歯を白くすることが可能で、安く、早く歯を白くしたいという方にお勧めの方法です。
また、特別自分で何かをするという必要がないため、気軽にできるホワイトニングです。

◎メリット

・ ホームホワイトニングと比べると短時間で歯を白くすることが出来る
・ 歯科医に任せるので気軽にできる
・ ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングと比べて治療費が安  く、手ごろ

△デメリット

・ 場合によっては数回通院する必要がある
・ ホームホワイトニングに比べると色が戻りやすい
・ ホームホワイトニングと比べると歯に負担が掛かる

ホーム
ホワイトニング
自宅

審美歯科に通うのが面倒だという方や、時間をかけてじっくり、確実に白くしたいという方にお勧めの方法です。
一度マウスピースを作ってしまえば、ジェルさえあれば自宅でいつでもホワイトニングすることが可能です。

◎メリット

・ オフィスホワイトニングと比べて歯に掛かる負担が少ない
・ 自宅で行うので通院の必要がない
・ どのくらい白くするかを自分で調節することが出来る
・ オフィスホワイトニングと比べると、色が戻りにくい

△デメリット

・ マウスピースを作る必要がある
・ オフィスホワイトニングと違い、手間がかかる
・ オフィスホワイトニングと比べると、白くなるまでに時間が掛かる

満足度の高いホワイトニングを行うための秘訣



・カウンセリング
患者様一人一人に時間をかけて向かい合い、丁寧にカウンセリングを行います。

・患者様としっかり共有
共有したつもり、希望にそったつもり。つもりでは、本当に満足してもらうことはできません。しっかりと希望の仕上がりを共有することで、信頼にもつながります。

・治療開始
出来るだけ患者様に負担がかからないよう、手際よく治療します。これも腕のいい歯科医がいるからです。

・仕上がりの確認
満足度を高めるためにも確認をしっかりと行います。万が一、不備があった場合は速やかに修正します。


ホワイトニングの歴史


歯を白く美しく魅せるという概念は、1960年代のアメリカ発祥です。
白い歯による笑顔が手民族のアメリカでのコミュニケーション手段として必要だったと言われています。
1960年代から現在に至るまで、アメリカでは様々なホワイトニングが試行錯誤ざれ、1980年代にホームホワイトニングが確立されました。
そこから歯科でもホワイトニングが行われるようになりました。
日本にホワイトニングが導入されたのは1990年代です。
導入されたきっかけは「芸能人は歯が命」と謳ったCMが話題となったからと言われています。

なん100種類のホワイトニング剤が販売されているアメリカとうって変わって日本で厚生労働省に認可が下りているものは2種類しかありません。
しかし、安全はしっかりと保証されています。
銀座はホワイトニングが日本に来てからいち早く導入しています。
ホワイトニングの経験が豊富なため、評判が良いだけではなく、安心して治療を受けることができます。


なぜホワイトニングを行うのか?


日本の美容の最先端が集まる銀座では、外見だけではなく、様々な部位に気を配っている人がたくさんいます。
たとえば歯。
テレビに映る芸能人やアナウンサーの歯は決まって白く美しいです。
それを真似て歯のホワイトニングを行う人が増えたのです。
では、ホワイトニングを行うと何がいいのでしょうか?

・白い歯は顔全体を明るくし、美しく見える。
・歯石・歯垢の除去
・歯を汚れから守る
・好印象になる


ホワイトニングの種類


ホワイトニングは大きく分けて3種類あります。

<オフィスホワイトニング>
オフィスホワイトニングとは、歯医者などの専門機関で行うホワイトニングの事で、レ-ザーを用いた治療法です。ホワイトニング剤の濃度が高いことと、専門の機械を駆使することが特徴です。専門家の手によって治療が行われるので、安全性は非常に高いといえます。

<ホームホワイトニング>
濃度の薄いホワイトニング剤を使用することで、自宅でも可能にしました。ホームホワイトニングの方法は様々ありますが、たいていの方は自分の歯にあったマウスピースを使用して、一気に白くする方法を選択しています。

<デュアルホワイトニング>
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを両方行うことを言います。お互いの欠点を埋め合わせる形で、最良のホワイトニングという認識で広まっています。

両方のホワイトニングを行うと費用が高くなってしまいますが、優良歯科ランキング上位の歯科が集まる銀座でも大人気です。


ホワイトニングの料金


ホワイトニングをしようと考えたときに誰もが気になることが、「歯のホワイトニングはいくらかかるか?」ということです。
ホワイトニングの料金は基本的に白くしたい歯の本数・白さの希望・使用するシステムによって変わってきます。
そして、1回の効果が大きいホワイトニングほど料金も高くなる単純なシステムです。

■オフィスホワイトニング(歯科医院など、専門機関で行うホワイトニング)
上下約20本・1回40,000円から70,000円 1本あたり3,000円から4,000円

■ホームホワイトニング(専用のマウスピースを作り自宅で行うホワイトニング)
約20,00円から50,000円
ホームホワイトニングの料金は自分専用に作るマウスピースの値段によって前後します。

■ウォーキングブリーチ(神経のない歯を白くするホワイトニング)
1本10,000円前後

ホワイトニングはどの方法でも数万円かかってしまいますが、少し白くしたい、や、一気に白くしなくてもいい場合などは、料金もそこまで高くなりません。
自分の生活スタイルに合わせた治療方法ができることも魅力のひとつです。

審美歯科基礎知識
歯と体
ホワイトニングのメカニズム
歯が黄ばむ原因
ホワイトニングの成功談と失敗談
成功談
失敗談
審美歯科用語集
セラミック
インプラント
矯正
プラーク
歯周病
よくある質問
ホワイトニングは誰でも受けられますか?
ホワイトニングは一生ものですか?
ホワイトニングは痛いですか?
保険での治療と、審美治療は何が違うのですか?
差し歯なのですが、ホワイトニングはできますか?

ページトップ