よくある質問

Q&A

よくある質問

審美歯科やホワイトニングについて、よくある質問を集めました。
実際に審美歯科へ掛かる前に、こちらを参考にして少しでも疑問や不安が改善できれば幸いです。

口コミや評判、ランキングと併せて、審美歯科や治療法選びの参考にご活用下さい。
なお、掲載していない質問に関しては、実際に歯科医師へお尋ねください。

Q:ホワイトニングは誰でも受けられますか?

年齢制限などは特にありませんが、基本的には18歳以上、成人の方におすすめしています。
18歳以下の場合、歯が成長過程のため、安全性の確立がされていないためとなります。

また、一般的に、以下の方は受けることが出来ません。
・妊娠中の方
・授乳中の方
・永久歯ではない方

その他、歯科医によるカウンセリングにより判断されますので、まずはお気軽にお近くの審美歯科へお越しください。

Q:ホワイトニングは一生ものですか?

一生ものではありません。
およそ半年~1年程度の持続力を目安としてご案内しておりますが、ホワイトニングの方法により期間が変化します。
また、生活習慣などによっても変化します。
特に、コーヒーやタバコ、お茶など色素の強いものを摂取すると色が後戻りする場合があります。

ホワイトニングした「美しい歯」を維持するためにも、定期的なメンテナンスをおすすめしています。

Q:ホワイトニングは痛いですか?

基本的に痛みはありませんが、ごく稀に痛みがある場合があります。
そのような場合は、知覚過敏の症状がある場合や、歯に炎症が起こっている場合などです。

また、ごくまれにホワイトニング後に知覚過敏の症状が出る場合がありますが、数分~数時間程度で治まります。

痛みについて気になることがあれば、カウンセリング時に歯科医へご相談下さい。

Q:保険での治療と、審美治療は何が違うのですか?

大まかに説明すると、「痛いところを治す」か、「痛いところを治した上で見た目もきれいに整える」といった違いがあります。

もちろん、保険適応と適応外では金額や扱える素材、治療法に大きな差が生じます。
保険適応の場合、費用は安く済みますが、詰め物が金属であったりと見た目に支障が出る場合があります。
審美治療の場合、費用は高額になりますが、自生の歯と同じような美しい仕上がりが可能となります。

医療ローンなどを扱っている歯科も多くありますので、詳細はカウンセリング時に医師へご相談下さい。

Q:差し歯なのですが、ホワイトニングはできますか?

差し歯などの人口義歯に対して、ホワイトニングはできません。
ホワイトニングの効果が出るのはご自身の歯のみとなります。

差し歯の色が気になる場合は、クリーニングや材質の変更などの対処法がございます。
ご検討の上、歯科医師へご相談ください。

審美歯科基礎知識
歯と体
ホワイトニングのメカニズム
歯が黄ばむ原因
ホワイトニングの成功談と失敗談
成功談
失敗談
審美歯科用語集
セラミック
インプラント
矯正
プラーク
歯周病
よくある質問
ホワイトニングは誰でも受けられますか?
ホワイトニングは一生ものですか?
ホワイトニングは痛いですか?
保険での治療と、審美治療は何が違うのですか?
差し歯なのですが、ホワイトニングはできますか?

ページトップ