審美歯科の治療

審美歯科の様々な治療

審美歯科の治療

一言で「美しい歯」をつくると言っても、歯の汚れを落とす方法や、歯に白さを出す方法、歯並びをきれいにする方法など、 審美歯科で扱っている治療には様々な方法があります。
また、審美歯科によっては独自の医療方法を扱っている場合もあるため、
「審美歯科」と言っても、何通りもの方法で「美しい歯」をつくることができるのです。

しかし、どんな場合でもやりたい治療が受けられるというわけではありません。
症状によってお勧めの治療法が違い、場合によっては受けることのできない治療もあります。
当コンテンツで簡単にご説明しましょう。

ホワイトニング

歯の黄ばみや色素沈着を取り除く方法で、歯に白さを出します。
消毒薬と同じ成分の過酸化水素を使うことにより、歯についた色を分解(漂白)する方法です。
審美歯科で施術を行う方法もありますが、自宅で行う方法や、双方を併用して行う方法などがあります。
(ホワイトニングについては、美しい歯にするには にて詳しく記載しております)

最近ではホワイトニングを受ける方も増えてきており、
とくに新宿や銀座などの都心部の患者さんに多い傾向があります。

歯に白さを与える方法なので、歯並びの矯正や汚れの除去などは出来ません。

クリーニング

歯の表面についている歯石やプラークなどの汚れを落とす方法です。
機械によるクリーニングや、歯科衛生士もしくは歯科医師が器具を使って行う方法があります。
原則的には保険適応の治療です。

また、口の中の健康維持のための環境づくりのためのPMTCという方法もあります。
こちらは歯科医師や歯科衛生士が特別な器械とジェルを使って行う方法です。
PMTCにより、虫歯の原因となるプラークをすべて取り除き、歯をツルツルに磨きます。
タバコのヤニなどによる着色や口臭、歯槽膿漏が気になる人におすすめの治療法です。

汚れを落とすだけなので、歯の白さを出すことはできません。

セラミック治療
ラミネートベニア

歯の表面をごく薄く削り、セラミック(陶器)製の薄い歯を貼りつける方法です。 歯の色だけではなく、歯の形や、多少の歯並びであれば矯正することが可能です。

また、ホワイトニングでは消すことのできない、歯の表面に出てしまう縞模様を完全に消すことが出来るので、とても審美性の高い治療法となります。

義歯よりも手軽で、身体への負担も少ないのが特徴ですが、ごく薄くでも歯を削ることに抵抗がある方にはお勧めできません。

また、シェルの色合わせや形を整える点などで、歯科医師の腕により仕上がりに差が生じることがあります。

セラミックインレー

奥歯などに、セラミックで出来た詰め物(インレー)を入れる方法です。
銀の詰め物などと違い、とても見た目が良く、口をあけた時に金属が光ってしまうのが嫌だという方におすすめです。

金属とは違い見た目が良いことは勿論ですが、プラークなどの汚れが付きにくく、月日の経過による劣化・変色等もほとんどありません。
また、金属を使用しないので、金属アレルギーなどを起こす心配がないことが特徴ですが、金属のものと違い割れやすく、歯科医師の腕により見た目や形、長持ちの度合いなどの差が出やすいのが難点です。

セラミッククラウン

歯の周囲を削り、セラミック製のかぶせ物や差し歯(クラウン)をあわせる方法です。
あわせる際に歯を削りますが、神経を傷つけることなく、歯の形や大きさ、色を整えることが可能です。 こちらもホワイトニングにはできない、歯の縞模様を消すことが出来ます。

見た目が非常によく、変色などの劣化がほとんどない点や、プラークなどの汚れが付きにくいという特徴があります。
また、金属を使っていないので、金属アレルギーなどを起こす心配がありません。

一番大きな難点は、歯を削る量が多いということ。
また、素材によっては割れやすく、自生の歯よりも硬いものの場合は周囲の歯などを傷つける場合があります。
さらに、クラウンの素材によっては数年で変色や変形などの劣化が起きる場合があります。
なお、こちらも色合わせなどの調整が歯科医師の腕によって変わってきます。

審美歯科基礎知識
歯と体
ホワイトニングのメカニズム
歯が黄ばむ原因
ホワイトニングの成功談と失敗談
成功談
失敗談
審美歯科用語集
セラミック
インプラント
矯正
プラーク
歯周病
よくある質問
ホワイトニングは誰でも受けられますか?
ホワイトニングは一生ものですか?
ホワイトニングは痛いですか?
保険での治療と、審美治療は何が違うのですか?
差し歯なのですが、ホワイトニングはできますか?

ページトップ